ひぐち法務事務所

預貯金の相続手続き

預貯金の相続手続きについて

遺産を守る措置

被相続人の預貯金は、死亡の事実が金融機関等に分かれば凍結されることになります。 入金、出金、送金はもちろん、公共料金などの自動引き落としについても引き落とせなくなります。預貯金等は死亡した時点で故人が残した「遺産」という扱いになります。 相続財産となり、金融機関は遺産凍結を行い、遺産を守ろうとする措置を取るのです。 凍結された口座の名義変更や解約の手続きをするためには相続人全員の同意が必要になります。遺産分割協議書を作成している場合、相続人全員の同意が証明されますので、再度相続人の同意を得る必要はなく、遺産分割協議書で手続きが可能です。

必要な書類等

  

凍結された預貯金の引き出しや名義変更を行うのに必要な書類です。

身分証明書(免許など)
実印、印鑑証明書
被相続人の戸籍謄本
相続人の戸籍謄本
遺産分割協議書、相続人全員の印鑑証明書
遺産分割協議書の提出にはコピーを渡し原本は保管してください。
同意書など
*各金融機関で多少異なるので、詳細は直接金融機関等へご確認ください。
相続手続き・金融機関
初回ご相談料 無料 TEL:0742-32-5965 【営業時間】平日AM9:00~PM6:00
メールでのご相談・お問合せはコチラ

ご相談ご依頼は ひぐち法務事務所(奈良市西大寺)

住所:奈良市西大寺国見町1丁目7番24号
TEL:0742-44-5100

県内対応エリア
(奈良市・大和郡山市・生駒市・天理市・斑鳩町・田原本町・香芝市・王寺町・橿原市・桜井市・大和高田市・高取町・御所市・五條市・葛城市・吉野町・その他etc)

近畿圏内の出張対応エリア
(大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・和歌山県)お問い合わせください。

まずは無料相談をご利用ください。(お電話もしくはお問い合わせフォームから)
ひぐち法務事務所は司法書士業務、行政書士業務を併設しています。

主なご相談・ご依頼の例
・不動産登記
・商業登記
・供託手続き
・成年後見制度による業務
・遺言書の作成
・相続に関する書類作成(相続登記など)

TOPへ会社設立・登記不動産登記相続登記遺言手続き債務整理裁判手続きお問合せ・ご相談
料金設定サービス提供エリアご相談の流れ守秘義務について事業所案内所長BLOGサイトマッププライバシーポリシー

COPYRIGHT(C) ひぐち法務事務所 ALL RIGHTS RESERVED.