ひぐち法務事務所

業務内容

遺言書の作成

遺言の種類

遺言の種類は、普通方式と特別方式の2種類に大きく分けられます。特別方式の遺言は特殊な場面で作成するものですので、通常の場合は普通方式の遺言書を作成します。 普通方式は、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3種類があります。

自筆証書遺言

自筆証書遺言は、遺言者が遺言書の全文、日付及び氏名を自分で書き、それに押印して作成する遺言です。

1)自筆証書遺言の長所・短所

長所
  • 手続きが簡単で費用もかからない。
  • 遺言の存在、内容を秘密にできる。
短所
  • 紛失・偽造・変造・隠匿・発見されない危険性
  • 方式不備により無効となる可能性
  • 内容が不完全で紛争となる可能性
  • 執行するには家庭裁判所の検認手続が必要

2)要件

1.遺言者が、遺言の全文を自筆で書くこと
  • パソコン・ワープロ等で作成した遺言、代筆による遺言は無効
  • テープレコーダーに吹き込んだ遺言やビデオ録画による遺言は、無効
  • 内容が不完全で紛争となる可能性
  • 手が震えて字が書けないため、他人の添え手の補助を受けて作成された遺言書については、有効とする裁判例があります。
2.遺言者が日付を自署すること
  • 日付けが確定できれば「私の還暦の日」等でも有効ですが、「平成23年1月吉日」等は無効となります。
3.遺言者が氏名を自書すること
  • 戸籍上の氏名が望ましいですが、本人の同一性が確認できるのであれば、ペンネームや通称でも有効です。
4.遺言者が遺言書に押印すること
  • 認印でも実印でもいいですが、遺言者自身の印鑑でなければなりません。
  • 拇印や花押も有効とされています。

3)遺言書の保管

破棄されたり、偽造・変造を防止し、また、死後に容易に発見されるように利害関係のない方や遺言によって有利になる方や専門家に保管を依頼することをお勧めします。貸金庫(発見されるような工夫が必要)に保管するのも一つの方法です。

公正証書遺言

公正証書遺言は、遺言者が公証人に対して遺言内容を伝え、公証人が公正証書として作成する遺言です。証人2名の立会いが必要となります。

1)公正証書遺言の長所と短所

長所
  • 公証人が関与するため、形式不備の危険がなく、内容も確か
  • 偽造・変造・隠匿・滅失の危険性がない
  • 家庭裁判所の検認が不要
短所
  • 作成に手間と費用がかかる
  • 遺言の存在と内容を秘密にできない

2)要件

1.証人2人以上の立会い
  • 未成年者、推定相続人、受遺者及びその直系血族は証人になれません。
2.遺言者が遺言の趣旨を公証人に口頭で述べること
  • 聴覚・言語機能に障害がある方は手話通訳または筆談により口述に代えることができます。(平成11年改正
3.公証人が、遺言者の述べたことを筆記し、遺言者と証人に読み聞かせ、または閲覧させること
4.遺言者及び証人が、公証人の筆記の正確なことを承認した後、各自署名押印すること
  • 遺言者が署名できないときは、公証人がその理由を付記して遺言者の署名に代えることができます
5.公証人が、遺言証書が上記の方式にしたがって作成されたものである旨を付記して署名押印すること

秘密証書遺言

秘密証書遺言は、内容を生前は秘密とし、遺言の存在を確実とするための遺言です。

1)秘密証書遺言の長所と短所

長所
  • 存在を確かなものとして、内容を秘密にできる
  • 偽造・変造の危険性がない
短所
  • 作成に手間と費用がかかる
  • 保管は遺言者が行うので、紛失や発見されない危険性がある
  • 執行するには家庭裁判所の検認手続が必要

2)要件

1.遺言者が遺言書に署名押印すること
  • 署名押印のみが要件ですので、パソコン・ワープロ等で作成した遺言、代筆による遺言でもかまいません。また、日付がなくてもかまいません。
2.遺言者が、遺言書を封書に密封し、遺言書に用いた印章で封印すること
3.遺言者が公証人1人、証人2人以上の前に封書を提出して、自己の遺言書である旨、筆者の氏名及び住所を述べること
4.公証人が遺言書を提出した日付、遺言者の申述を封紙に記載し、遺言者、証人、公証人が署名・押印すること

当事務所の遺言書作成料金

自筆証書遺言作成サポート

遺言書文案チェック 21,000円(標準料金)
遺言書作成コンサルタント・相談

文案作成
コンサルタント・相談料 5,250円/時間
文案作成42,000円(標準料金)
遺言書作成相談

文案作成

相続人調査・登記簿謄本等取得
コンサルタント・相談料 5,250円/時間
文案作成42,000円(標準料金)
相続人調査等 10,000円~
実費

公正証書遺言作成サポート

遺言書作成コンサルタント・相談

文案作成
コンサルタント・相談料 5,250円/時間
文案作成52,500円(標準料金)
遺言書作成コンサルタント・相談

文案作成

戸籍収集・登記簿謄本等取得
コンサルタント・相談料 5,250円/時間
文案作成52,500円(標準料金)
戸籍収集等 10,000円~
実費
証人立会い 1名につき10,500円
  • *上記料金は全て税込表示となっています。
  • *上記は標準料金ですので、内容が複雑なものについてはご相談のうえ、加算させていただくことがあります。
    (作成書類の性質上、内容の明確なものを作成する為、特殊な場合を除き標準料金での作成となります。)
  • *公正証書遺言作成サポートの料金には、公証役場との事前打合せ、日程調整、公正証書作成当日の公証役場への同行を含みます。
  • *公正証書遺言作成には、公証役場の手数料が別途必要となります。公証役場の手数料については 日本公証人連合会のHP( http://www.koshonin.gr.jp/index2.html)をご参照下さい。
初回ご相談料 無料 TEL:0742-32-5965 【営業時間】平日AM9:00~PM6:00
メールでのご相談・お問合せはコチラ

ご相談ご依頼は ひぐち法務事務所(奈良市西大寺)

住所:奈良市西大寺国見町1丁目7番24号
TEL:0742-44-5100

県内対応エリア
(奈良市・大和郡山市・生駒市・天理市・斑鳩町・田原本町・香芝市・王寺町・橿原市・桜井市・大和高田市・高取町・御所市・五條市・葛城市・吉野町・その他etc)

近畿圏内の出張対応エリア
(大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・和歌山県)お問い合わせください。

まずは無料相談をご利用ください。(お電話もしくはお問い合わせフォームから)
ひぐち法務事務所は司法書士業務、行政書士業務を併設しています。

主なご相談・ご依頼の例
・不動産登記
・商業登記
・供託手続き
・成年後見制度による業務
・遺言書の作成
・相続に関する書類作成(相続登記など)

TOPへ会社設立・登記不動産登記相続登記遺言手続き債務整理裁判手続きお問合せ・ご相談
料金設定サービス提供エリアご相談の流れ守秘義務について事業所案内所長BLOGサイトマッププライバシーポリシー

COPYRIGHT(C) ひぐち法務事務所 ALL RIGHTS RESERVED.